丸形・角型・角弐型

この記事は約1分で読めます。
home » 鉄扇特注 » 丸形・角型・角弐型

こちらでは通称丸形・角型・角弐型と呼んでいます、親骨の型をご紹介します。

丸形(まるがた)

基本の丸形です。

丸いかまぼごに似た型です。

角型(かくがた)

丸形より鉄の厚みを意識して作られた角型です。

安っぽく見えないように仕上げるのが難しく、かつ丸形より工芸品として価値が低いため

角型で注文された場合、必ず親方から説得が入りまして、現在はほぼ制作していません。

角弐型(かくにがた)

手間がかかるためちょっと高い角弐型です。根強い人気があります。

かっこつけて角弐にしてますが普通に角2と書いてしまいがちです。すいません。

親骨に沿わずまっすぐ削るのが難しいと言ってました。

上部を切り落とすかどうか選ぶことが出来ます。特にご希望なければ切り落とさないことが多いです。

京風鉄扇(きょうふうてっせん)や祝儀鉄扇(しゅうぎてっせん)の場合は削れる部位が少ないため角弐風になります。

タイトルとURLをコピーしました